FC2ブログ
topimage

2012-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どやさ。 - 2012.12.26 Wed

久しぶりに寒い冬な気がする。
酷暑もきついけど極寒もなかなかきついですね。

雪降ってテンション上がってたあの頃が懐かしい・・・。

寒いので暑い夏の話でもひとつ。

数年前の猛暑の夏の事。

その頃はまだ山口に住んでいて、
お盆に実家に帰省した時の事。

唸る暑さにダラダラしていると、
「ベィスボゥがしたいナァ。」
と、姪と甥が言ってきた。

この子らはハーフなのだが、
毎年お盆に母親と3人で我が家にワイワイしにくる。

父親は仕事らしい。
アメリカ人にお盆は関係ないのだろう。
(一度お会いしたがニコラス・ケOジに似ていた。)

そんな姪と甥が、
「ベィスボゥがしたいナァ。」
と、いい発音で俺の方を見てくる。 ジー

期待には答えたいが外は猛暑だ。

何とか俺のペースに巻き込んで断ろうとしていると、
「俺もベイスボウルがしたいな。」
と、親父が悪ノリしてきた。。 ジー

発音も悪い・・・。

もはや盛り上がっている3人を止める事はできず、
バットとボールを持って神社横の野球練習場にいく事に。

チーム分けは、「姪と甥」vs「俺と親父」だ。

姪がキャッチャー的なポジションにいて、
甥はバットと腰を揺らしながらやる気を出している。
親父は俺の後ろで無駄に動いている。

軟球のボールを下投げでゆっくり投げる。

「カキーン!」
まさかのフルスイング。 オイィ!
(フルスイングはアカンー!!)

振り返るとボールはネットで止まり転がっている。

親父がダッシュでボールを拾うと
振り向きながら、走っている甥めがけて力強く投げる。 チョレー!
(それもアカンー!!)

その後も無秩序なベィスボゥは続いたが、
最終的にボールを紛失し終了した。

帰り道、
「セミとれる?」
と、姪が俺に言う。

神社の木には13年に一度の大量発生なのか、
セミがみっしりとざわめいていた。 ミッシリ・・・

「無理!」とも言えず、
「おぅよ。」と強がり手を伸ばす。

(うぉー。モゾモゾしとるー!)
俺も姪も甥も逃げ腰だ。

「バッ!」とセミを掴んだものの、
ブルブルして気持ちが悪い。

印籠のように甥に急接近させる。
腰抜かす甥。 ハッハッハ

そんなこんなでゲラゲラ笑いながら、
ビビりながらも慣れてきたのか3人でセミをとっていた。

ふと、
親父がいないのに気付く。

周りを見渡すと少し離れたところに親父が無言で立っていた。

cas72.jpg

無言のままゆっくりと近づいてくる親父に身構える。


俺らのすぐそばまで来て止まると、
親父はサッと帽子をとった。


「ギャァーー!!」


帽子をとった親父の頭から無数のセミが舞い飛ぶ。

cas73.jpg
おらんと思ったら何を仕込んどんねんっ!

トラウマになりそうなくらい気持ち悪かったが、
姪と甥が楽しそうだったから良しとしよう・・・。


てか、このブログ。
親父の内容が多いな・・・。

なんていうか、
親父はインパクトがでかい。

「お風呂あがったよー。」
と、奇抜なパンツとネックウォーマーだけの姿で現れる親父。

cas74.jpg


首の前にまず服を着ろよっ!

こんな親父・・・どやさ。


さて、ALOは。

いつもと同じでまったりですが、

cas75.jpg

サンタの勲章?でなんか得しました。

でもって、

cas76.jpg
(ミナミの事やけど訳あって俺が画像UP。)

俺は、リバをもらう役を頑張りました。 凹O ポテッ

でもって、

cas77.jpg

休憩中の麗しのユリエさんにアピールしつつ
無事東妖クエスト終了。

優しい方々いつもありがとう。


最後に、
キャスタンなんて呼ばれた事は一回もなく
俺はいつも怒られる方だっ! オコナノ?
スポンサーサイト

メリクリ寒い(>w<) - 2012.12.24 Mon



無題121224

寒いな~と外を見たら雪・・・・降ってますね

でも、私は暑い夏より冬のが耐えれます
すべてのやる気を奪い取る暑い夏嫌です・・・



そんなクリスマスイブですが、今日はバイトもなくあったかい部屋でこうしているわけですが・・・
ALOも相変わらず恐竜クエと種まきの日々です
LV上げはすでに農園頼み、なんか~こうワクワクするようなイベこないのかしら・・・
クロネコ(5日)もぅいりません・・・
メガポ・メガエテいりません・・・
カキ氷いりません・・・


このクリスマスリースは優秀だけど30日なんだな・・・


少し前に出たサンタPDは少し燃えました
毎年欲しくて、でも出ない・・・
諦めていました、でも今年のは頭・足にステがついてるよぉ~
意外と当たる確立たかそう!
てことで、うっかり回しましたねw
外観・・・無期家具・・・
しまった!罠だ・・・
ゴージャスハウスなんてもってない私には、小さなかまくらみたいにしかなりません・・・
拗ねていたら、なんとキャスピがサンタ服出してくれました
そして、懲りずに最後の1回!って回したらサンタ足がでましたーーー!
魔職じゃないから魔攻いらないけど、移動が2ついているからうれしいです^-^
あとトナカイ頭をバザでGET
んでこんな感じに☆
無題1212171
うへへ~


LVUPとともに装備もかわりました
ちょい派手だけど、意外と気に入ってます。
無題121217
どっかの民族衣装ぽくていい(*´∀`*)

戦争もほとんど出ず、狩りもせず、まったりな毎日ですね

先日元ギルドの強い方々に助けていただいて東妖ボスのクエ終わらせてもらいましたぁ~
イフs・センセイ・パクラ・キャスピありがとぉ~





どーでもいいことですが・・・
1年1年早くて、昨日でキャスピとALO夫婦になって2年になりました
毎日ありがとう^-^

て、こーゆー事書くとキャスピに怒られる~~~~
キャスタンおこなの?



みなさん良いクリスマスを~~

チョットダケヨ - 2012.12.17 Mon

日が短いですね。

すぐに夕日になり暗くなってしまう。

夕焼け空を見るとなぜかどこか悲しくなるのは何なんだろうか。
そして、ボーっと見ているといつも思いだす事がある。 ボー
幼いころに兄と赤とんぼを追っかけていた時の事だ。

cas68.jpg

兄とは4歳離れている。
まだ、どちらも小学生だったと思うが
幼いころの4つは大きいもので、
走っても追いつけない兄を必死で追いかけたものだ。

近所の神社の横に草が伸び放題の広場があって、
ネットで囲まれた野球練習場や
杭に鉄線をはった柵で囲まれたゲートボール場がある。

今でも子供やお年寄りの交流の場になっている。

昔は、その広場に行ってよく昆虫をとっていた。

(今ではセミにも怯えるというのに・・・。
 なんか虫のワシャワシャした感じがもうダメ。) ウラガワ・・・

あの日も兄と広場で虫を捕ったりして遊んでいた。
空が赤くなり、帰る前に逃げる赤とんぼを追いかけていた。

兄は元気に赤とんぼを追いかけ走っていくが、
俺は追いつけず疲れてしまい小さくなっていく兄を見ていた。

すると、
いきなり兄が空中にクルっと舞い上がって消えた。 ポッ

俺 「えっ!?」
わけもわからないまま、そこに走りだした。
そのころ流行っていたUFO的なモノかとも思った。 

走り近づくと兄が地面に倒れているのが見えた。
草で見えなかっただけかと、ホッとしながら兄のもとに走る。

(しかし、一体何だったんだ・・・。
 とりあえず、急いで兄のところに行かないと。)

もうすぐで兄にかけよるというところで、
頭のてっぺんに切れるような激痛がっ!

「ぬがっ!?」
よろけながら上を見てみると、
ゲートボール場の柵の鉄線があった。

あっ!?
こういうことかっ!!

cas69.jpg

夢中で走った兄の首だけの逆上がり。
アクロバットすぎるやろ・・・。

その後の記憶はイマイチないが
とりあえず、兄は生きていた。

二人で泣いたかどうかは覚えていないが、
『首だけ』で逆上がりをしたと笑っていた気がする。

兄はほぼ無傷だったが
子供の柔軟な体やから無事だったのかもしれない。
大人だったら危ないことになるだろう。

まぁ、大人は赤とんぼ追いかけないか。
てか、最近の子供も追いかけないかもしれない・・・。

夕日も高い建物に隠れてしまうしな。 ジダイデスナ


最近のALOは、

cas70.jpg

不可能を感じていたグラッチ、
見た事もなかった何か蜘蛛のヤツ。

俺は、特に何もできなかったけど、
強い人達ありがとう!

そして、

cas71.jpg

狩りもせずに毎日コツコツと。

もはや何も言うまい。
農園ありがとう!

よし。
死にまくれるからちょっとは貢献できるかな。 チョットダケヨ

とある朝 - 2012.12.08 Sat

寒いですね・・・。

そのせいか知らないけど、
最近、朝起きれずに布団の中でモゾモゾしてるとよく足がつります。

とある朝の事。

(おっ。来たか。)
と、つま先をそらして対処する。 エィ

(もっかい、いってみる・・・?)
と、意味不明なチャレンジャー精神でもう一度つま先を伸ばしてみる。

ククッっと小魚が釣れたような感覚で
人差し指辺りが持っていかれそうになり、
(あかんあかん。)
と、違う方の足をつかってつま先をそらし戻す。

(まだいけるやろ・・・。)
と、繰り返していると
今までの勢い無視でギュン!と持っていかれて戻らない。

ねじるように起きて、
重たいブレーカーのように戻らない指をなんとか戻す。

(朝から疲れたな・・・。)
と、開かぬ目をこすりながら歯磨き洗顔をし、
門を開け朝刊をとり、母屋に行く。

コタツに入ろうと部屋行ったら、
親父が踊っている。 チョイ

親父「おりおり~ん。おりおり~~ん。」

謎の言葉を繰り返しながら、
上下白タイツのようなステテコ姿で揺れ動いている。

cas65.jpg


俺 「あっさからテンション高いな・・・。」
親父「おはよう。」

意外に冷静な親父は、
そう言うと洗面所に揺れながら向かう。

まだ冷たいコタツに入りニュースを見ていると、

親父「歯入れたよー。」
口をイィーっと開きながら戻ってきた。

歯が一本抜けてそこを入れ歯にした親父。

当初、母親に毎日のようにチェックされていて、
今では自発的に報告するようになった。

俺 「休みの日くらい入れ歯付けんでもいいんちゃうの?」
親父「おぅ。」

俺 「異物感あるやろうし、大事な人にも出会わんでしょ。」

そう言うと、親父が俺にしか聞こえないくらい小声で、
親父「お母さんに出会うやろ。」

子供のように笑いながらそう言う親父を見ると、
今まで母の尻に敷かれてきたんだと思っていたが、
実はもう少し広くて、母を包んできたのかもしれない。

ニュースは相変わらず悪い事ばかり。
悪い事の方が数字とれるからかもしれないが、
最近は、「またこれか・・・。」が多い。

我が家もいろいろあったけど、今では平和になったな。
ありがとう。


最近のALOはと言うと、
やっとこれが手に入りました。

cas66.jpg

インスクエで出たんじゃなくて、
露店で満額で売ってたのを買いました。 ハッハッハ
というか、買えました・・・。

「どうせ展示用だろう。」と半ば買えないと思ってたのに。

「買えちゃったね・・・。」
と、良かったのかどうなのか複雑な感じで二人ワイワイしてました。 ドウナノ?

そして、

cas67.jpg

おめでとう!

これからもコツコツやな。 ドニダン!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

casmin

Author:casmin

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

cas (48)
min (31)
未分類 (0)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。